不倫調査

「会社へそう言ってやれ」「黙ってるばかがあるもんか、職長へかけ合えよ」だが——そのうちに六時半の不倫調査 大阪が鳴ると、みんな頑張る気を失ってしまった。一刻も早く帰りたい方が、先になった。金釦をつけた守衛は、いつもの出口に立って帰る者のポケットや弁当箱を、両方から一人一人撫でまわした。それは通常のことで、侮辱とも感じないほど馴れきっているが、きょうのは、いやに手間がかかって、なかなか先が吐き出されなかった。空の弁当箱は、いちいち解かれた。口を開かせられたり、綱を跨がせられたり、ひどく、きびしい。「私服が来ている」そんな囁きが、伝わった。「私服、どうしたってんだい」調査は、反抗的に、前の者をグイグイ押した。すると、彼の前に立っていた髯の不倫が、「ちょっと、君」と、私服に引っ張り出された。「なんですか」「まあ、いい、こっちへ来い」背中を小突かれて、守衛部屋へはいって行った。お尾行調査は、驚いた。「開けてくれ、おじさん」木靴の先で、守衛部屋の戸を蹴った。「おまえに用はない」会社の守衛は、彼をつまみ出そうとした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>